2005年10月07日

外断熱との出会い その2 「外断熱とは?」

 手に取った本というのが、「究極の我が家 100年マンションの誕生」(江本央著)でした。

 その本によると、
「日本で主に行われてきた断熱工法である『内断熱』は誤った断熱工法であるため、結露が発生する。
 これに対して、断熱材を建物の外側に配する『外断熱』であれば、
 1.結露は起きないし、
 2.省エネルギー、
 3.かつ建物の寿命も延びる」とのことでした。

 私は疑り深い性格なので、外断熱をベタ褒めする本書を鵜呑みにすることは出来ませんでした。
 しかし、読み進めるうちに考えが変わってきました…

 
 外断熱と内断熱の構造を大雑把に説明するのが次の図です。
 uti.jpg
内断熱

soto.jpg
外断熱

 
 従来の主流とされてきた工法である内断熱に対して外断熱は建物全体を断熱材(グラスウール)で包み込んでしまうため、素人目にも建物が痛みにくいことが分かります。

 そして、建物本体の温度が一定に保たれるため、空調に頼り過ぎることなく生活できます。その結果、省エネルギーにつながります。

 結露についてはちょっと長くなるので、また明日。
posted by 外断熱 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 外断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

9月の会
Excerpt: 9月は有限会社藤英 加藤さんのマンションを見せていただきました。 外断熱って知っています? 知らない方はぜひこちらをクリック 夏暑い時に入ったのですが、建物の中はひんやりとしていました。 ..
Weblog: 名古屋不動産賃貸オーナーズクラブ
Tracked: 2005-11-03 11:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。